自動車税をクレジットカード払いでポイントをもらうことは可能?

毎年5月には、郵送で自動車税の振込用紙がやってきます。

何万円という大きな金額を支払うものなので、
どうせならクレジットカードで払ってポイントもらえたらいいのに・・・
と考えた私。

そもそもクレジットカード払いできるのか?
一番お得に自動車税を払うにはどんな方法があるのか?

について調べてみました。

スポンサーリンク

自動車税はクレジット払いできる?

5月になると送られてくる自動車税。

納付期限が6月1日までとなっていて、
振込用紙が手元に届いてから期限までの期間が短いのがいつも腹立たしい。

毎年来るものだから、分かっちゃいるけどさぁ~。

それでももうちょっと余裕持って送ってきて欲しいよね~と思うのは私だけでしょうか。

最近、マイルを効率よく貯める方法や、
ポイントをうまく活用する方法などを探ったりしているからか、
自動車税の納税の際にも、なんか得する方法ないだろうか?といろいろと考えてみたんです。

一番手っ取り早い方法はクレジットカードで払えること。

それができれば、クレジットカードのポイント還元がされるはずですからね。

で自動車税なので県のホームページを確認してみました。

私の場合は岐阜県です。

調べた結果、自動車税の納付はクレジットカードで可能でした。

他の件もざっと数件調べてみたところ、
ほとんどの県で自動車税をクレジットカードで支払うことは可能でした。

『Yahoo!公金支払い』のサービスからの納税となるみたいです。

そして、Yahoo!のさサービスだからなのでしょうね。
Tポイントが支払いに使えるようなんです!

なーんだ、できるんだぁ~♪

と喜んだのもほんの束の間。

残念なことに、クレジットカード払いによる決済手数料が(>_<)

手数料は、税込みで330円。

つまり、これ以上のポイント還元がないとクレジットカード払いの方が損することに。

自動車税は25,000円~110,000円まで、排気量で納める金額が違ってきます。

そして、クレジットカードのポイント還元率もカード会社などによって違うので、
調べないままクレジットカード払いにするわけにもいきません。

私の場合、楽天カードとANAカードを持っていて、自動車税は34,500円なので、
このパターンで考えてみます。

まずは、ANAカードです。

ANAカードはポイント還元率ではなく、マイルで考えてみたいと思います。

マイル還元率は0.5%なので、
34,500円の自動車税を支払ってもらえるマイルは、172マイルとなります。

マイルは1マイル=1円というわけではないので、ちょっと難しいですが・・・。

那覇空港から石垣島まで飛行機に乗るともらえる搭乗マイルが
条件にもよるけどだいたい180マイルくらい。

那覇から石垣島まで飛行機に乗るとだいたい9,000円くらいかかります。

なので、9,000円くらいの価値があるマイルがもらえると考えることもできるわけですね。

ん~、ちょっと言い過ぎかもしれない・・・無理があるか。。。(;^ω^)

ただ、普通に還元率0.5%というだけで考えると、
60,000円以上の自動車税の人でないと得した感はあまり感じないかなと思います。

では次に、楽天カードです。

楽天カードはは還元率が1.0%と結構高いと評判のカードですよね。

34,500円の自動車税を楽天カードで支払った場合、楽天ポイントは345円分もらえます。

ということは、330円の手数料よりもポイントの方が15円多いので、
カード払いにした方がお得ではありそうです。

たった15円と考えるか、15円でも得するならと考えるか…はそれぞれだと思いますが(;^ω^)

スポンサーリンク

コンビニでクレジット払いはできる?

私の場合、楽天カードで支払いをすると15円はお得になりそうですが、
やっぱり手数料嫌だな~と思うわけですよ。

で、コンビニでクレジット払いできれば手数料払わなくていいのでは?と。

ですが、残念ながら自動車税をコンビニで支払う場合に、
支払い方法としてクレジットカード払いはできないそうです(>_<)

さすがに無理なようですね。

コンビニで電子マネーで支払うことはできる?

自動車税を都道府県のサイトからクレジットカード払いをすると手数料がかかる、
コンビニでクレジットカード払いはできない。

他の方法で何とか得できないか?

あ、電子マネーにクレジットカードからチャージすればポイントもらえるじゃん♪

と思いついた私。

さっそく調べてみました。

まずは、自動車税を電子マネーで支払うことができるかどうか。

自動車税を納付できる電子マネーは、現時点ではnanacoとWAONだけのよう。

私はどちらも持っていないので意味がない(T_T)

ちなみに、例え私がnanacoやWAONを持っていたとしても、
これだけではポイント還元は受けられないみたい。

つまり、nanacoとWAONへのチャージをクレジットカードからにすることで、
初めてクレジットカード利用でのポイント還元だけがもらえるらしいんです。

そして残念ながら、私の持っている楽天カードもしくはANAカードでは、
nanacoにもWAONにもチャージができないんです。

nanacoの場合はセブンプラスカード、
WAONの場合はイオン系のカードとJALのWAONカードからしか
クレジットカードチャージができないようで・・・。

自動車税の為だけにクレジットカードを増やすのもバカバカしいですしね。

なので、私はムリだということが分かりましたが、
nanacoカードもセブンプラスカードも持っているという人や、
WAONカードと登録できるクレジットカードを持っているという人は、
コンビニで電子マネー支払いをすることで、
クレジットカードからチャージした分だけポイント還元を受けることができますよ。

自動車税をクレジット払いできる?まとめ

自動車税をクレジット払いできる都道府県は意外と多くあることが分かりました。

そして、手数料がかかるという点も分かりました。

クレジット払いにすることでかかる手数料と、還元されるポイントとどっちが得なのかを
ちゃんと調べないと損をしてしまいそうですね。

また、一番お得な支払い方法は、
クレジットカードから電子マネーにチャージして、コンビニで電子マネーで自動車税を支払うこと。

今年は間に合わないからムリだけど、
税金が納められる電子マネーとチャージできるクレジットカードを作っておこうか、
来年までに検討してみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする