月刊誌をきれいに解体するには?のり綴じはアイロンとドライヤー?!

ファン歴が長いと、保管されている雑誌やグッズ類はとんでもない量になります。

私、以前引っ越しの時、
段ボールに入る荷物の約半分がグッズや雑誌だったことがあります。

改めてその量を実感すると、かなり衝撃でした(;^ω^)

その中でも特に雑誌は、いらないページの方が圧倒的に多かったりするので、
『必要なところだけ残したい』というのが正直なところ。

そこで今回、やっと重い腰を上げ、
雑誌を必要な部分だけ残すべく、きれいに解体する方法を探ってみました。

スポンサーリンク

月刊誌をきれいに解体したい【のり綴じ】

雑誌のページ内の一部分だけを切抜きにするなら、
カッターで欲しいところだけ切ればいいだけ。

ま、これは誰もが調べることもなく分かることかなと思います。

でも、ページをそのままごっそり残したいときもありますよね~。

例えば、綴じてる部分までぎっちり写真が掲載されていたり、
見開きで写真が載っていたり。

できるだけカットしないできれいに残したいページって結構あるんですよね。

で、雑誌を分解したいなと考えるわけです。

太いホッチキスで留めてあるだけの雑誌なら、ホッチキスを取り外せば簡単に分解できます。

ホッチキス系の雑誌はかなり簡単^^

でも、問題なのは糊で綴じてある月刊誌です。

この、糊で綴じている製本のことを『無線綴じ』というらしい。

まさに私が今解体したいのが、のりを使って綴じてある月刊誌なんです。

さて、

どうしようか…(ー_ー;)。o O

まず、普通に手でザーッと破り取ってみました。

厚い表紙と裏表紙をめくって取り外します。

けっこう激しく破れます(T_T)

表紙側の白く残ってる部分のほとんどは背表紙部分なので、
実際にやぶれてしまったのは雑誌側で白く見える部分の幅ですね。

私的には、1ページ目はほぼいらないことの方が多いのでこれは別に構わないかな。

で、ここから1枚ずつ、丁寧にはがす?破る?っていきます。

数枚はがした結果がこちら。

最初の数ページは、糊にくっついてきれいにはがれず、
かなり悲しいことになってます。

でも、後半になるほど、破れたりすることなくきれいに外れてくれます。

あれ?この状態なら普通に分解してっても全然大丈夫じゃない?!

と思ったんですが、やっぱり難関が(>_<)

ある程度外していくと、背表紙の糊部分が出っ張って邪魔になってくるんです。

写真の赤い丸の部分がめくる時に引っかかって、紙が破れそうになるんですね。

ここでカッターを使って、出っ張ったノリ部分を切り取っていきます。

雑誌側に定規を置いておくと、
勢い余って紙を切ってしまう心配がないのでいいですよ。

あと、コツはカッターを斜めにすることですね。

そうすると、雑誌側に残っている糊も一緒にカットできるので、
分解しやすくなります(^O^)/

ごっそりいらないページがある時は、1枚ずつ分解しなくても、
間にカッターを入れてカットしてしまえば、糊ごと取り外せるので楽ですよ。

綺麗に切るコツは、雑誌をグイっとめいっぱい広げて、
切っていく部分をちゃんと見ること。

それでも失敗してしまう危険性があるので、
残す側にいらないページを2ページくらい残してカットした方がいいですよ。

あと、糊部分はどうしても固いので、
不要な部分が多くて外すページの方が分厚い時は、数ページごとに分けた方が力がいらないですよ。

『1枚ずつはがす ⇒ 出っ張った糊の塊をカットする』
を繰り返した結果、

思ったよりきれいに分解できちゃいました( *´艸`)

ただ、すべてうまくいったわけではなく、一部、糊にくっついて剥がれたページが(>_<)

白い部分、本当は写真の一部で黒くなければいけないんです。

写真は、残すページのはがした部分ですが、
全般的には、きれいにできたな~という印象でした。

でも、一部失敗したページができてしまったので、
手の込んだ方法も試してみます。

雑誌の解体にはアイロンがいい?!

雑誌の解体については、
ジャニーズファンの人達がたくさんブログを書いていてくれるので、
いくつか方法を見つけることができました。

・ドライヤーを使う
・アイロンを使う
・電子レンジを使う

で、電子レンジ!?

どれも、基本的な原理は同じで、『温めて糊を柔らかくする』ということのようです。

あとは温度の違いとか、手間の違いですかね~。

まず、驚きと面白そうという思いから、電子レンジでやってみようと思ったのですが、
残念なことに、我が家の電子レンジには雑誌が入りません( 一一)

斜めにすれば入るけど。

ということで、却下です。

ちょっとやってみたかった…。

スポンサーリンク

 雑誌をアイロンで分解してみる

電子レンジを諦め、次に熱が高そうなアイロンでの雑誌の解体を試してみました。

月刊EXILEです(#^.^#)

背表紙にアイロンをあてていきます。

アイロンは、スチームではなくドライで。

背表紙に直にアイロンをあてる方法でやってみます。

燃えたり焦げたりすると怖いので、少しずつ時間を長くしながらあてていきます。

しばらく続けると、溶けたような見た目になりました。

これ以上やると、焦げそう…とおもったので、このくらいでやめときました。

表紙をはがしてみます。

あれ???

全然のりが取れてない Σ(゜д゜υ)

どうもこの糊、乾くのが早いみたいで、
アイロンあててすぐにはがさないとダメみたい。

背表紙の長さ結構あるし~、そんな素早くできない( 一一)

で、結局、始めの方にアイロンをあてていた場所は、糊が再度固まって剥がれず、
めくる直前にあててた部分だけ糊が剥がれたという結果に。

一度めくってしまったものを元通りにはできないので、
表紙をめくった後の背表紙に再度アイロンをあててみる。

紙ごと残った方(写真の右)は、アイロンを使うことで、溶けてめくれました。

でも、紙は剥がれたけど、糊がべっとり残った方(写真の左)は、
直接アイロンをあてたから、溶けた糊がアイロンにべっとり∑(゚ロ゚ノ)ノ

そりゃそうか( ̄▽ ̄;)

アイロンが熱いうちに、ティッシュでふき取ります。

ここまでやった結果がこちら。

まだまだ糊がたくさん残ってます(TwTlll)

ということで、大失敗に終わりました。

でも、このまま捨てるわけにもいかないので、
この続きは地道にドライヤーを使ってみることにしました。

 雑誌の分解にドライヤーを使ってみる

まず、最初からドライヤーを使う方法はやってません。

なぜかというと、すでにアイロンでも糊がちゃんと剥がれず失敗した経験から、
アイロンより熱が低いドライヤーでやっても無駄だろうと思ったから。

なので、先ほどアイロンで背表紙を取り外した状態の月刊EXILE。

この雑誌の背表紙に残ってしまった糊を取り除くのに、ドライヤーを使いました。

カッコよく言えば、二刀流です^^

ドライヤーの熱をあててしばらくすると、糊が緩んできます。

カッターのような形のものがあれば、それを使って柔らかくなった糊を取り除いていきます。

なぜカッターではなく、カッターのようなものなのか?!というと、

先ほども伝えた通り、この雑誌の糊はかなり速乾みたいなんですよね~。

なので、カッターで取り除いていくと、カッター側で糊が固まったしまうんですよ。

あとでカッターを使って、雑誌きれいカットして整えないといけないから、
刃部分に糊が残って切れ味が悪くなるのは困る。

ということで、カッター以外を使った方がいいですよってことなんです。

私は、昔100均で買って使わなかった甘皮カッターがあったので、
それを使って糊をこそぎ落としていきます。

よし!だいぶきれいに糊が取れた。

あとは、1枚ずつ分解していくだけです。

何もしないで雑誌を分解したときと比べて、明らかに簡単に分解されていきます。

気持ちいいくらいv(≧∇≦)v

解体して、保管したいページだけにしたのがこちら。

どうです??

完成度が全然違う!めっちゃきれい!

ですよね!

やっぱり手間をかけて、糊を取り除いてしまえば、
雑誌をきれいに解体できるってことですね。

ただ、ドライヤーは部分的にしかあたらないので、かなり時間がかかるし、めんどくさい。

月刊EXILE、130冊くらいあるのにこれを続けるのは正直ムリ。

そりゃ、大切なものだけど、頑張っても数十冊で、わーっ(≧◇≦)ノノ┻┻;:’、・゙

てなりそう。

糊の背表紙の雑誌を解体するまとめ

雑誌の背表紙が糊の場合の解体方法を、いくつか試してみました。

全ページをスキャナなどでデータ化して残したい人は、
アイロンとドライヤーの両刀使いで、1ページ1ページきれいにはがすといいと思います。

でも、私みたいに部分的に残したい場合は、
普通にはがす方法とドライヤーの二刀流で行けることが分かりました。

要は、きれいにはがしたいところだけを残して、
ドライヤーで糊を取り除けばいいってことです ( *• ̀ω•́ )b

『普通にはがしつつ、重要なとこだけドライヤーを使う』

これが、できるだけ手間をかけず、きれいに残す方法だと思いますよ。

さ、まだまだ分解する雑誌は山のように残ってるから~。

毎日コツコツ頑張ります٩(ˊᗜˋ*)و

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする