ギガファイル便は安全?運営会社ってどんなとこ?画質は?

スマホで撮った写真や動画は、
画質が良くなればなるほどファイルのサイズが大きくなりますよね。

それを友達に送って共有したいなと思いませんか?

または、仕事で大容量のデータを相手先へ送らなければいなかったり、
逆に受け取らなければいけない場合もあると思います。

そんな時に便利なのが、「ギガファイル便」というサービスです。

すでに名前を聞いたことがある人も多いと思います。

でも、大切なデータを送るのに使うわけですから、
ギガファイル便ってどんな会社が運営しているの?安全面は大丈夫?
などが気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、ギガファイル便についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ギガファイル便の運営会社ってどんなとこ?

ギガファイル便の運営会社は、「株式会社ギガファイル」という会社だそうです。

サービス名と会社名が一緒なんですね^^

そして、会社の所在地は長野県のようです。

Googleのストリートビューで会社住所を確認してみましたよ。

すると…

ん?普通の一軒家???

どういうこと!?

と思いましたが、電話番号が東京になっていて、
東京出張所との記載もあるので、東京が本当の事務所なんだろうと思われます。

⇒ギガファイル便の運営会社のホームページはこちら

この会社は、ギガファイル便以外に、
URLの短縮変換やURL安全性診断サービスなども提供しているようですね。

セキュリティ関連のサービスが多く、
データ転送やセキュリティ関連の分野に強い会社なんだな、
というのが個人的な印象です。

東京秋葉原には、「ギガスタ」というラウンジもあるそうですよ。

東京に行ったら、ぜひ行ってみたい…かも(笑)

会社の詳細な情報は、
上記リンク先の会社ホームページにも載っていないので、
残念ながらこれ以上調べようがありませんでした(>_<)

ただ、あくまで個人的な意見ですが、
インターネットという空間の中でのサービスを行なっている会社ですので、
いわゆるオフィスらしいものがなくても、
それが、イコール何かアヤシイということにはならない時代かなと考えています。

ギガファイル便の安全性はどうなの?

さて、ギガファイル便の運営会社が分かったところで、
実際ギガファイル便の安全性ってぶっちゃけどうなの?は気になります。

スポンサーリンク

基本的には、ネットワークでデータをやり取りしている以上、
100%安全と言い切れるものは恐らく存在しないでしょう。

過去には、同じようにデータ転送サービスをしていた会社から
個人情報が流出したというニュースもありましたしね。

しかし、じゃあ使わない方がいいよね、
なんて言ってたら、今の世の中何もできなくなってしまいますよね^_^;

ギガファイル便サービスでは、当然、セキュリティは万全にされています。

しかし、流出の危険性を考えれば、
重要なビジネス上のデータは、ファイル転送サービスを利用しない方が良いでしょう。

ここで勘違いしないでほしいのは、
ギガファイル便が危険ということではなく、
「ファイル転送サービスを利用すること」に危険性があるということです。

「流出したら?そりゃあ恥ずかしいけど、重要な問題になることはない」
といった個人的なデータや写真、動画などは、
利便性を考えたら、ギガファイル便を利用した方が良いと思いますよ。

つまり、基本的には他のネットワークサービスと同様、
万全なセキュリティ対策がされていますよ、

でも、見えないネットワークの中では何が起こるか分からないので、
100%安全ではないですよ。

ということなんです。

ギガファイル便は、大容量のデータがユーザ登録等もしないで簡単に送れる
非常に利便性の高いサービスです。

送るデータの重要性を考えて、上手に使いこなしたいですね。

ギガファイル便で画質は悪くならないの?

ギガファイル便で動画や写真を送った場合、画質って悪くなったりしないのかな?

このような心配をされる人もいると思います。

ギガファイル便は、「データ転送サービス」と呼ばれるサービスです。

つまり、転送するだけで何も加工したり操作はしないということです。

ということは、
勝手に画質を落としたデータになるなんてことは起きませんよね。

大容量で送れるので、
元のデータの容量(サイズ)を小さくする必要もないため、
高画質のままデータ転送ができるのも、このギガファイル便のメリットです。

ギガファイル便まとめ

ギガファイル便は、容量の大きなデータをファイルサイズを気にすることなく
相手に送ったり、受け取ったりすることができるサービスです。

安全性は良いとされているサービスですので、
ギガファイル便を使って、友達と写真や動画を送り合うなど、
楽しく活用してみてくださいね♪

https://tanoshi-umi.com/952/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする