EXILEファンクラブとモバイルの違いについて詳しく紹介します

EXILEには、ファンクラブとモバイル会員というものが存在します。

その違いっていったい何?

どこに入れば何ができるの?

など分からない人が多いんじゃないかなと思います。

ファンである私にとっては簡単に思えることでも、
これから入ろうと思っている人には分かりづらい仕組みってありますもんね。

そこで今回は、EXILEのファンクラブやモバイルについて違いを分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

EXILEファンクラブとモバイルの違い

EXILEには、『EXILE TRIBE FAMILY』というファンクラブがあります。

昔はEX Familyという名前でしたが、
三代目J SOUL BROTHERSなど弟分ができたりと、規模が大きくなったことで、
EXILE TRIBE Familyと呼び方が変わりました。

そして、このファンクラブとは別に、『EXILE mobile』というモバイルも存在します。

この2つを混同している人もいるみたいですが、全く別物なんですよ。

ファンにとって一番重要ともいえる、ライブチケットの先行時期や枚数など、
全然異なってくるので注意ですね。

さらにEXILEmobile以外にもモバイルが3種類もあるので、これまた混乱します(>_<)

そしてまた、さらにややこしくしているのが『EXILE ch』や『LDHTV』でしょうね~。

あ~、分かってる私でも書いていてちょっと混乱しそうになります(;^ω^)

1つずつ説明していきますね~。

 EXILE TRIBE FAMILYに入ると何ができる?

好きなアーティストができたら、まず入会を考えるのがファンクラブですよね。

『EXILE TRIBE FAMILY』つまり、EXILEのファンクラブに入会するには、
年会費が4,000円(税込)がかかります。
(※別途手数料が210円ほど)

ファンクラブに入ると、

・ファン限定のイベントや観覧募集に応募できる
・ライブチケットのエントリーが最速でできる
・会報誌(年4回)が読める

などの特典があります。

ライブチケットのエントリーが最速でできる

ファンクラブに入る一番の目的って、『ライブチケットを取りたい!』

これが一番じゃないかと思います。

私もこれが一番重要だと思ってます╭( ・ㅂ・)و ̑̑

EXILEのライブのチケットエントリーが一番早くできるのがファンクラブ会員です。

ただ、たまーに『ファンクラブ会員+ファンクラブ経由でCD購入者』が
ファンクラブ会員よりも先にエントリーできるという条件が付く場合があります。

確か、2018→2019のEXILE LIVE TUREがそんな条件で『超先行』というのをやっていました。

でも、どちらにしてもファンクラブ会員でないとできないことなので、
ファンクラブ会員が最速エントリーの権限を持っていることは間違いないです。

ファンクラブ会員だと、エントリーできる回数も多くなります。

だいたい3公演、各4枚までエントリーが可能ですよ。

つまり、複数回行きたい人は、ファンクラブで複数日程のエントリーができるということ。

私はナゴヤドームのEXILEライブは全部行きたいし、
ライブ初日や千秋楽も大阪や東京なら行きたいと考える、かなりのオタクなんですね (〃’∇’〃)ゝ

そういう場合には、友人と分担することで、6公演もエントリーできるということです♪

当たってくれれば、行きたい公演に全部行けるという
なんとも幸せな状況になるわけですよ~。

そしてそして、さらにEXILE TRIBE FAMILYはEXILEだけのファンクラブではないというのがポイントじゃないかなと思ってます。

そう、EXILE TRIBE FAMILYは、
三代目J SOUL BROTHERSGENERATIONSのファンクラブも兼ねているんです。

ということは、年会費4,000円で、
複数アーティストのライブ先行権限がもらえるということなので、
かなりお得な感じがしません?

ただし、EXILE TRIBEのファンクラブでのライブチケットは、
あくまで『一番早くエントリーができる』というだけ。

確実に当たるわけではないし、いい席が取れるというものでもないです。

現に、ファンクラブの抽選で、何度も落選したことはあるし(T_T)
ファンクラブで取れたチケットでも、東京ドームの最上階5階席の一番後ろの席で観たこともあります。

『ファンクラブだから席はいいはず』という期待は持ちすぎるとショックが大きいですよ。

ファン限定のイベントや観覧募集に応募できる

ファン限定のイベントや、TVの観覧募集、PV参加などの応募ができるのもファンクラブの特典です。

私は、EXILEのUSAさんが大好き。

もうEXILEのライブには出てきてくれないので、
USAさんのイベントがあれば、すぐに応募します(#^.^#)

こういったイベント系は、
比較的関東圏の人が当たりやすいといったうわさを聞いたことがありますが、
岐阜県在住の私でも、かなりの確率で当たってます。

2018年末にあった、LDHkitchen(羽田空港)でのベビネイベントも当たったし、
国連WFPの視察報告会(東京開催)にも当たって行ってきましたよ。

LDHさんがどう選んでいるのか分かりませんが、
関東の人が当たりやすいというのは単なるうわさなんじゃないかなと思いますよ。

できれば、関西や東海地方などでも
ファン限定イベントをやってほしいなとは思いますけどね~。

会報誌が年に4回発行される


※画像は敢えて荒くしてあります

2018年頃までは、郵便で会報誌が年に4回発送されてきていました。

B5くらいのサイズで、
LDH所属のアーティストの活動内容などが載っていて、いつも楽しみに読んでました。

ただ、ペーパーレス化なのでしょうか。。。
最近は電子書籍化されて、送られては来なくなりました。

ファンクラブサイトから、会報誌を見ることはできるけど、
電子だと持っている感がないので、ちょっと寂しい気もしています。

部活に参加できる

部活!?って思われると思いますが、
2019年よりEXILE TRIBEの各メンバーが主体となった『LDH BASE』(部活)ができました。

例えば、USAさんだと『テキーラ部』、TETSUYAさんだと『COFFEE部』など。

部活に入部しておけば、部活動という名のイベントに参加できるようになるというわけです。

あまり頻繁にイベントはないですが、
私が入部しているテキーラ部は、2019年に一度、テキーラパーティーが開催されましたよ~。

参加人数が限られているので、
かなり近くでメンバーが見れたり、触れ合えたりできちゃいます。

スポンサーリンク

 EXILE mobileでは何ができるの?

EXILE mobileは、月会費が330円(税込)で会員になれます。

会員になると、

・チケットのエントリーが先行でできる
・好きなメンバーのアバターで遊べる
・メンバーブログなどが読める

といった特典があります。

チケットのエントリーが先行でできる

チケット先行は、ファンクラブの次(実際には3番目)にできるようになります。

2番目は後に説明しますが、EXILEchという動画サイトの会員になります。

※EXILEchはモバイル会員でないと入会できないので、あえてモバイルから説明しますね。

但し、ファンクラブよりも枚数制限は厳しく、1公演4枚までしかエントリーできません。

少し前までは、1公演2枚までしかエントリーできなかったので、
エントリーできる枚数が増えたのはありがたい。

しかも、エントリー方法は電子のみだったと記憶しています。

ticketboardに登録して、チケボーでエントリーすることになっていたはずです。

好きなメンバーのアバターで遊べる


※画像は敢えて荒くしてあります

モバイルの中で、メンバーのアバターを1人選ぶことができ、
着せ替えなどをしながら遊ぶことができます。

なんだそれ・・・って思われるかもしれないですが、
他のモバイル会員の人と『ヤバいね!』(いいね!みたいなもの)をし合いながら、
ヤバいね数を増やして行くんです。

増えると何がいいのか?と言うと、
月間や年間でアバター設定したメンバー単位で、ヤバいね数が集計され、
順位が高い人にはプレゼントがもらえるんですよ。

上位入賞するには、課金が必要になってきそうですけどね。私は無課金派です。

また、ライブツアー中には、
モバイルブースでグッズなどがもらえるイベントもやっていたりします。

有料の壁紙などを買わないともらえないですが(;^ω^)

そのため、結構たくさんの人がアバター設定して毎日ヤバいねを送り合っているんですよ~。

私も、毎日コツコツ頑張っている一人です(^O^)

メンバーブログなどが読める

最近はインスタやツイッターなどで同じものが上がってしまって特典感が薄れてはいますが、
メンバーのブログが見れるのもモバイルの特徴です。

インスタやツイッターに、モバイルと全く同じものがすべてのるわけではないので、
モバイルでしか見れないものというのは存在しています。

好きな人の情報は見逃したくない!という人は、
モバイルに入っておくといいと思いますよ。

メンバーにメッセージが送れる

メンバーへ簡単にメッセージを送ることができます。

メンバーの誕生日には、
『誕生日おめでとう♪』メッセージがいろんな人から送られています。

あ、このメッセージ、モバイル会員であれば誰でも見ることができるんです。

そして、メンバーが見てくれているかどうかは・・・定かではないです(;^ω^)

また、最近ではライブツアー情報などが
ファンクラブサイトよりもモバイルサイトの方が早く解禁されることもしばしばあります。

順番おかしいでしょ!?って思っちゃいますが、
どちらも会員になっている私としては、あまり気にする部分ではないかも。

 モバイル会員しか入れないEXILEchとは?

EXILEchという、動画配信サイトがあります。

これはモバイルとは別で、月会費220円(税込)が必要です。

そして、EXILEchは、
複数あるモバイルのいずれかの会員でなければ入会できないという制限があります。

つまり、EIXLEchに入るには、月220円だけでは入会できず、
モバイル会員の月会費330円とEXILEchの月会費220円の合計550円が必要になるということ。

EXILEchでは、オリジナルのメンバー動画が見れるほか、
『舞台裏覗き見』という名前で、ライブツアー中の裏側を見れるものもあります。

この舞台裏覗き見では、メンバーがファンからのプレゼントで遊んでくれたりします。

以前、ライブ会場で、
プレゼントを使ってもらえたファンが、動画を見て泣き崩れているのを見たことあります^^

そういったファンサービスがあるのも、
EXILEというかLDHアーティストの優しいところですよね~。

チケット先行はファンクラブの次に早い

先ほどモバイルの説明でも書きましたが、
ライブチケットの先行がファンクラブの次に早いのはこのEXILEchです。

ですので、EXILEライブチケットをどうしても入手したいなら、
EXILEchにも入会しておくといいと思います。

EXILEchやモバイルは、入会したらすぐにチケットエントリー権限がもらえるので、
ファンクラブで落選したら入会するという方法でもいいかもしれないです。

ただ、EXILEchは、
12ヶ月以上の会員はEXILEchプレミアムとして1回多くエントリーができるようになります。

なので、どうしてもチケットを入手したい人は、
EXILE TRIBE family、EXILEmobile、 EXILEchの3つに入会し、
さらにEXILEchのプレミアムになっておくと、これだけで4回もエントリーができますよ。

EXILE系のモバイルの種類

LDHのモバイルは、EXILE mobileのほかに3種類あります。

多いな~と思いますよね。

何があるかと言うと、

EXILE mobile
→ EXILEメンバーのブログなどが見れるサイト

EXILE TRIBE mobile
→三代目JSB、GENERATIONS、THE RAMPAGE、劇団EXILEなどLDH所属の男性アーティストのブログが見れるサイト

E.G.family mobile
→E-girlsなどEXILEの妹分と呼ばれる女性アーティストの情報が見れるサイト

LDH mobile
→LDH所属アーティストの情報が見れるサイト

と、こんな感じです。

つまり、誰を(どのアーティストを)見たいかによって、モバイルを選べばいいということです。

EXILEの情報が見たいのに、EXILE TRIBE mobileに入っていても、
EXILEの情報は網羅できないということ。

兼任メンバーがいるので、ある程度の情報は共有されてますけどね。

例えば、岩ちゃんだったら、
EXILEmobileでもEXILETRIBEmobileでもどちらでも大丈夫ですが、
私の場合だと、USAさんのブログが見たいし、USAさんの写真が見たいわけです。

なので、EXILEmobileに入っていないと意味がないということです。

EXILEファンクラブとモバイルの違いまとめ

EXILEのファンクラブとモバイルの違いについてまとめてみました。

有料会員になると、どうしても混同しがちですが、
できることも料金も全く違うので、
何が目的なのかによってファンクラブとモバイル会員のどちらになるのかを検討するといいと思います。

ライブチケットが最大の目的ならファンクラブだし、
動画配信などを見て楽しみたいなら、モバイルとEXILEch会員の方がいいだろうし・・・といった風に。

ちなみに、EXILEch以外に動画配信サービスとしてLDHTV(動画配信サービス「CL」に変わりました)というものもあります。

これはまた全く別物になるので、改めて違いをまとめたいと思います。

EXILEのライブはとても人気で、チケットが入手困難だと言われています。ライブに行きたいけど、ファンクラブやらモバイルやらいろいろあってよく分からない。今回は、EXILEのライブチケットの先行について、何に入っておけばいいのかなどを分かりやすくまとめてみました。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする